セブンティーンアイスにハマってしまった話

ファーストクラッシュ 使い方

アイスというのは夏だけではなく、冬でも私は食べており、年間を通じて買う機会が多くあります。 買う場所はコンビニが多いですけど、コンビニ以外でもアイスを買うことがあって、それがセブンティーンアイスになるのです。 セブンティーンアイスというのは、市販の通常のアイスとは異なっており、販売の仕方に特徴があります。 アイスというのはコンビニやスーパーなどの小売店で買えるというのが常識ではありますが、このセブンティーンアイスというのはちょっと変わっています。 これは自動販売機で売っているアイスで、しかも普通の飲み物が売っているような自動販売機ではなく、セブンティーンアイスの専用の自動販売機なのです。 つまり、セブンティーンアイスのみを扱っている自動販売機があり、それを見つけないと買えないということが言えます。 私がセブンティーンアイスと出会ったのは小学生の頃で、通っていた水泳教室にこの自動販売機が置いてありました。 当時はそれがセブンティーンアイスという名称であることは全く知りませんでしたが、毎週水泳教室に通うたびに、そのアイスを買って、家に帰宅するまで食べるという生活をしていました。 そして、小学校を卒業する頃には水泳教室に通うのもやめてしまいましたから、その後セブンティーンアイスを食べる機会はずっとありませんでした。 ただ、大学生になった頃に大学の近くのゲームセンターに行ったときに、このセブンティーンアイスともう1度出会ったのです。 ゲームセンターの中にもセブンティーンアイスの自動販売機が置いてあり、結構久しぶりに食べることができたのを覚えています。 そのときはアイスのラインナップが小学生のときのものとかなり変わっていましたが、それでもかなり美味しかったです。 市販のアイスとは味が違っており、まろやかさが非常に特徴として出ているものが多かったと思います。 久しぶりにセブンティーンアイスを食べてみて、かなり衝撃を受けたような状態だったので、それ以降そのゲームセンターに何度も行っては、買って食べるということを繰り返していました。 コンビニで買っていたアイスも定期的に食べてはいたものの、コンビニで売っている市販のアイスにはない美味しさがあるため、セブンティーンアイスはやめられなくなっていました。 大学を卒業して以降もそのゲームセンターに通うということをしつつ、そのときにはセブンティーンアイスを食べているので、今後も同じような状況が続くのではないか?と思います。

コメントを残す